コエンザイムQ10は体の錆びを予防

コエンザイムQ10は、人間の体の錆びに対して効果を発揮するといわれていますが、具体的にはどういう事なのでしょうか?
体の錆びとはそもそも、どのような状態の事を指すのでしょうか?
今回は、人間の体の錆びとコエンザイムQ10の働きについて、皆さんにご紹介させて頂きます。

そもそも体の錆びとは?

鉄が錆びて朽ちていくように、人間の体が朽ちていくのでしょうか?
実は人間の体の中で、鉄が錆びるのと同じような現象が繰り広げられているのです。

私たち人間が生活するなかで、どうしても体内で発生してしまう「ゴミ」があります。
それは、便や尿と一緒に排出される事で、体外に捨てられています。

口から食べ物を摂取すると、胃と腸で分解されて細かくなり、吸収できる物質は主に小腸で吸収され、吸収できない物は便や尿として排出されます。
小腸で吸収された物質は、リンパ管を通して血管に運ばれて血液に混じり、心臓の動きによって体中を循環して肝臓に到達します。
肝臓は、届いた血液に含まれる様々な物質を分解しながら、「必要なもの」と「不必要なもの」に分別する働きを行います。
その不要なものは、便や尿の中に混ぜられて、体外に排出されるのです。

このように、肝臓は、食べ物が摂取される度に、ひたすら頑張って分解分別を繰り返す重要な役割を担っています。

ここまでが、食べ物を食べた後の大まかな流れですが、注目は「ゴミ」の部分です。
肝臓で分別されるゴミの中に、「活性酸素」と呼ばれる物質があります。
この活性酸素は、肝臓の働きの中で、絶対に体内で合成されてしまうゴミです。
当然ながら、活性酸素も主に便に混ぜられて排出されるのですが、体内の活性酸素が増えすぎると、排出が追いつかずに血管の中に残った状態になります。
すると、この活性酸素、なんと健康な細胞から、細胞活動に必要な物質をドンドンと取り込み始めます。
つまり、健康な細胞が活性酸素に侵されて弱ってしまうのです。

その結果、人体の老化が促進されてしまうのです。
健康な細胞が活性酸素に侵されるその様を「酸化される」と表現する場合が多いのですが、人間の体が酸化してしまうと、細胞の加齢が促進されます。
つまり、肌細胞が侵されれば、それがシワとなって現れるわけですね。

このように、活性酸素が体を巡り始めると、何も良い事はありません。
活性酸素が増加する原因は、主に飲酒です。
肝臓がアルコールを分解した時のゴミに多く含まれるのが活性酸素なのです。
お酒を沢山飲むと、気持ち悪くなりますよね? あれは、活性酸素の体内濃度が上がってしまった結果だといわれています。

コエンザイムQ10で活性酸素の発生を抑止

体を老化させてしまう活性酸素ですが、その特効薬として期待されているのがコエンザイムQ10です。
コエンザイムQ10は強い抗酸化作用を持っているため、活性酸素の働きを抑止してくれるのです。
この働きは、人間の老化を細胞レベルで遅らせる可能性を秘めており、コエンザイムQ10が研究されている要因の一つになっています。
コエンザイムQ10の研究結果の多くが、化粧品等の美容効果に応用されている事を考えれば、合点がいくのではないでしょうか。
コエンザイムQ10を効果的に摂取して、怖い活性酸素を撃退しましょう!