コエンザイムQ10とアセチルCoA

抗酸化作用とエネルギー生成の素といわれるコエンザイムQ10。
健康志向を公言する人達の間で、人気のサプリメントとして知られています。
そんなコエンザイムQ10ですが、同時に「アセチルCoA」という単語を聞いたことがあるでしょうか?
コエンザイムQ10の研究成果の中で、その原材料となる物質が分かりかけており、そのうちの一つがアセチルCoAです。
今回は、コエンザイムQ10の原材料であるアセチルCoAの効能について、みなさんにご紹介させて頂きます。

エネルギーを生み出すメカニズム

毛細血管から取り込まれた酸素は、酵素の働きによってビタミンと反応し、エネルギーとして細胞活動に利用されます。
この働きが弱まってくると、「エネルギーが足りない」状態になるわけですね。
当然ながら、人間の体は無限にエネルギーを生み出せるわけではありません。
物質と物質の変化ですから、酸素と酵素を消費しますし、補酵素たるコエンザイムQ10も利用されます。
さらに、酵素によって酸素と一緒にビタミンも消費されます。
エネルギーを生み出すためには、必ずビタミン、酵素、酸素が必要になり、補酵素によってその変化が促進します。

困った時のエネルギー源

細胞に与えるエネルギーを作り出したいのに作り出せない。
そんな状態になってしまったら、細胞の中ではどのような動きになるのか?
必要なビタミンが足りない・・・そんな時に利用されると考えられているのがアセチルCoAです。

アセチルCoAは、運動時やダイエット時など、エネルギーが消費されているタイミングで蓄えとして機能します。
実は、体内のアセチルCoA量が多くなると、脂肪酸として蓄えられるようなのです。
それはつまり・・・ぽっちゃりお腹の原因となるものですね。

このアセチルCoAは、脂肪酸やアミノ酸からも生成されます。
三大栄養素の炭水化物、脂肪、タンパク質のどれからも生成されます。
つまり、運動などでエネルギーを消費する状態になった時、ぽっちゃりお腹の中に詰まっているものが、ドンドンと消費されるという事です。

アセチルCoAの他の良い部分

ぽっちゃりお腹の原因といわれると、微妙な感じを受けてしまいますが、安心してください。
研究の過程でアセチルCoAには、さらに、疲労回復の効果が期待されています。
それだけではなく、やる気やうつ病の防止に関係しているといわれる「ドーパミン」の分泌にも作用する可能性が見つかっています。

まだまだ研究段階のコエンザイムQ10です。
今後も、さらなる良い効果が発見される可能性は高いのではないでしょうか。