コエンザイムQ10が働くメカニズム

コエンザイムQ10の情報として、多くのサイトや書籍で紹介されている補酵素としての働き。
ざっくりと「人間の生命活動に必要な酵素の働きを促進させてくれる」という物ですが、具体的にはどのように働いているのでしょうか?
今回は、コエンザイムQ10の働き(メカニズム)について、皆さんにご紹介させていただきます。

エネルギーが作りだされる場所と仕組み

コエンザイムQ10が、人間活動のために必要なエネルギーを作り出す仕組みとはどのようなものでしょうか。
実は、体内でエネルギーを作り出しているのは、骨や内臓といった、特定の部位ではありません。
人間の体そのものなのです。

このように書くととても抽象的なのですが、その理由は細胞にあります。
人間は約60兆個の細胞で構成されており、頭の先から足の先までの全ての部位は細胞です。
つまり、エネルギーは「人間の体を構成する細胞の中」で作成されているのです。

人間の体全体(全細胞)でエネルギーを作り出している事をお伝えさせていただきましたが、具体的には、全身の細胞の中にある「ミトコンドリア」という所で作成されています。
このミトコンドリアは、人間の生命維持活動に必要なエネルギーの、実に95%を生産している重要な場所と考えられています。
補酵素が活躍できる場所は、エネルギーを生み出す場所です。
つまり、コエンザイムQ10は、そのミトコンドリアの中に存在しているのです。

コエンザイムQ10の分布

60兆個の細胞にあるコエンザイムQ10。
全ての細胞に等しく含まれているのでしょうか?

実は、人間の部位によって含有量が異なります。
具体的には、人間の体の中で「常にエネルギーを必要としている部分」に多く存在します。
「心臓」「腎臓」「肺臓」等の、停止してしまうと生命維持活動に支障をきたす部分です。

特に、心臓の含有量が一番多い事が判明しています。
常に血液を循環させているポンプの役割を担っているわけですから、コエンザイムQ10が少ないはずはありません。
心臓を動かすエネルギー作成効率をアップするには絶対に必要です。

いつまでもエネルギーを効率よく産み出すために

病気になったり、体力の衰えを感じたりする。
そのメカニズムの一端は、コエンザイムQ10の減少にあるのは容易に想像できます。
毎日の摂取を続けることで、全身にコエンザイムQ10を供給し、いつまでも若々しく、エネルギッシュな体でいたいものですね。