コエンザイムQ10とアンチエイジング

人間の体にとって自然の摂理である「老い」を、どうにかして遅延させる多くのアンチエイジング法があります。
そのアンチエイジングに、コエンザイムQ10の効果・効能が役立つ事は、すでに有名な話です。
今回は、世の中で様々に紹介されているアンチエイジングについて、コエンザイムQ10が選ばれる理由を、皆さんにご紹介させていただきます。

何が違うのか?

アンチエイジングをうたっている他の成分(商品)とは、何が違っているのか。
それは、細胞内部で行われているエネルギー生成の仕組みにあります。
コエンザイムQ10は、エネルギー生成に必ず必要なものではありません。
エネルギー生成を助ける(促進)させる物です。

他アンチエイジング商品の多くは、酸素と酵素を反応させるために必要な「ビタミン」の部分に着目しているものが多く、補酵素(コエンザイムQ10)の働きを無視した物です。
※無視とは少々言葉が乱暴ではありますが、酸素と酵素とビタミンによる反応を効率的・効果的にする方向性という意味です。

【参考】コエンザイムが若さを維持する仕組み:http://www.geotransinc.com/sikumi.html

コエンザイムQ10は、直接エネルギーを産み出すものではありません。
直接エネルギーを産み出す物ではなく、酸素と酵素とビタミンの反応を補助する物です。
それは、細胞を活性化させるために絶対に必要なものではありません。
しかし、コエンザイムQ10が存在することによって、アンチエイジング効果が促進されることは紛れもない事実です。

酸素と酵素とビタミンが、通常運転でエネルギー転換されるよりも、多くのエネルギーが生成できるわけですから、細胞がより活発になり、沢山活動したとしても、十分にエネルギーの供給が行われるということです。
コエンザイムQ10がなるべく多く存在していることで、その効果を飛躍的に向上させる事が出来ます。
コエンザイムQ10は、そもそも体内で活躍している物質です。
従って、摂取してもアレルギー反応のようなデメリットはありません。

若い時の細胞に近づける

加齢によって減少してしまうコエンザイムQ10ですが、それを補ってあげる事で、若い頃の細胞の状態に近づけることができると考えられます。

他のアンチエイジング商品との違い、理解して頂けたでしょうか?
アンチエイジングという目的は一緒ですが、コエンザイムQ10は、その効果を促進させてくれる物質です。
酸素と酵素に反応する「ビタミン」と一緒に摂取することで、その効果をさらに高めることができるでしょう。