コエンザイムQ10は何故不足するの?

疲労回復やアンチエイジングに効果があるとして、活用されているコエンザイムQ10。
そのコエンザイムQ10が不足する状態になるとは、具体的にどういった理由からなのでしょうか? 加齢により生産減少傾向になると、多くのメディアや書籍で紹介されていますが、気にするほどのものなのでしょうか?
今回は、コエンザイムQ10が不足する理由について、皆さんにご紹介させていただきます。

加齢による不足とは

結論から言えば、人間の加齢によるコエンザイムQ10の減少は、避けられない自然の摂理です。
まだ研究段階ではありますが、概ね20歳頃に生成量のピークを迎えると考えられています。
ピークを迎えて、すぐに減少がスタートするのかと想像しますが、どうもそうではなさそうです。
減少が始まる年代は、およそ40歳頃からではないかといわれています。
つまり、ピークを迎えてから20年間は、同じペースで体内で生産される可能性が見えてきています。
それならば、「40歳から摂取すれば間に合う」と安易に考えてしまいそうですが、それは間違っています。
代謝が悪くなってきた、疲れやすくなってきたと感じたときにはもう遅いのです。
不足する前にサプリメントでの摂取を検討しましょう。

加齢以外の減少理由

若くてもコエンザイムQ10が体内から減少する理由があります。
それが「コレステロール抑制薬によるコエンザイムQ10生成量の減少」です。
実は、このコレステロールとコエンザイムQ10は、体の中での生成過程が途中まで一緒であることが発表されています。
コレステロール値が高い人に医師から医薬品が処方される、コレステロールの生成を抑止するという薬があります。
それはつまり、コエンザイムQ10の生成を阻害する可能性があるわけですね。
コレステロールは必要ない、でも、コエンザイムQ10は必要。
そんな贅沢な悩みに答えるための一つの方法は、サプリメントなどで摂取する事です。

普段からサプリメントでコエンザイムQ10を

加齢や薬品によるコエンザイムQ10の減少理由が判明していますが、他にも減少理由が解明される可能性は十分にあります。
普段から定期的に摂取することで、生成減少が有ったとしても、それを補うことが出来るのではないでしょうか。